cea2016

楽天モバイルは無制限で利用出来るのか。docomoとの違い

楽天モバイルは無制限で利用出来るのか。docomoとの違い

楽天モバイルは使い放題ですか?

モバイル業界の競争激化に伴い、プリペイドプランやポストペイドプラン、使い放題パックなど、様々なサービスを提供するプロバイダーが増えてきました。今回は、楽天モバイルに使い放題のプランがあるのか、どんな機能がついているのかをご紹介します。

楽天モバイルとは?

楽天モバイルは、日本の電子商取引とインターネット企業である楽天株式会社が所有するモバイルネットワークプロバイダです。2019年4月に日本でのサービスを開始し、その後、モバイルサービスの選択肢として人気を集めています。楽天モバイルは、携帯電話や家庭用インターネットプランから企業向けソリューションまで、さまざまなサービスを提供しています。

楽天モバイルはどのような機能を提供していますか?

楽天モバイルには、プリペイドプラン、ポストペイドプラン、使い放題プランがあります。プリペイドプランは柔軟性と利便性を重視する人向けで、ポストペイドプランは同じ機能を求めるがより安定性を求める人向けに作られています。使い放題プランは、データ通信の制限や追加料金を気にせずモバイルネットワークを利用したい方のために特別に設計されたプランです。

使い放題プランには何が含まれますか?

楽天モバイルの使い放題プランには、データ通信、通話、SMSが使い放題です。また、楽天のストリーミングサービス「Rakuten TV」の利用や、「楽天ブックス」「楽天ショッピング」などの楽天サービスの割引も含まれます。追加料金やデータ通信量の制限を気にせず、携帯電話を使いたい方に最適なプランです。

使い放題プランに料金はかかりますか?

楽天モバイルの使い放題プランは、2,980円(25円相当)からです。データ通信の制限や追加料金を気にすることなく、便利にご利用いただけるプランです。

楽天モバイルとドコモの違い

携帯電話の普及に伴い、現在では数多くの携帯電話サービスプロバイダーから選択することができるようになりました。その中でも、日本で最も人気のあるプロバイダーが、楽天モバイルとドコモの2社です。携帯電話のサービスプランを検討する場合、楽天モバイルとドコモの違いを知っておくことが重要です。この記事では、この2つのプロバイダーの違いについて説明し、どちらが自分に合っているかを判断できるようにします。

1.適用範囲

携帯電話会社を選ぶ際に最も重要な要素は、カバー範囲です。楽天モバイルとdocomoはどちらも充実したネットワークを有していますが、カバー範囲には若干の違いがあります。楽天モバイルは地方や遠隔地を含む日本全国をカバーしていることを誇り、ドコモは都市部や郊外に限定しているのです。

2.料金

次に重要なのが「価格」です。楽天モバイルは月額2,980円から、ドコモは月額3,210円からと、全般的にドコモより低価格です。

3.データ通信制限

データ通信の制限も、携帯電話会社を選ぶ際の重要なポイントです。楽天モバイルのプランはデータ通信が無制限ですが、ドコモのプランは4GB~40GBのデータ通信制限があります。

制限が気になる方は無制限のポケット型WiFi15選を参考にすると良いでしょう。

4.カスタマーサポート

最後に、携帯電話会社を選ぶ際に考慮すべきなのが、カスタマーサポートです。楽天モバイルは24時間対応のお客様相談窓口があり、ドコモはWebでのお客様相談窓口があります。

楽天モバイルとドコモは、日本で最も人気のある携帯電話プロバイダーの2つです。どちらも優れた通信サービスを提供していますが、料金やデータ通信の制限、カスタマーサポートなど、いくつかの重要な違いがあります。この2つのプロバイダーの違いを理解することで、どのプロバイダーが自分にとって最適なのか、十分な情報を得た上で決断することができます。

まとめ

楽天モバイルは、使い放題のプランを希望する方におすすめです。データ通信、通話、SMSが使い放題で、楽天のストリーミングサービスも利用でき、他のサービスも割引で利用できるプランです。使い放題のプランはリーズナブルで、ユーザーがデータ通信の制限や追加料金を気にする必要が一切ありません。

楽天ポケットWiFiコラム